本文へスキップ

新義真言宗 総本山 根來寺は大阪市内から約60分・関西空港から約30分和歌山県北部に位置し、桜・紅葉 車加持・ご祈祷、ご供養のお寺。

TEL. 0736-62-1144

〒649-6202 和歌山県岩出市根来2286

新義真言宗 三大法要 (両祖大師降誕会・先徳忌・報恩講)HEADLINE


根来寺について 新義真言宗について 

根来寺の歴史 境内のご案内

ご朱印 出版物

両祖大師降誕会・先徳忌・報恩講を三大法要と位置づけ、毎年、新義真言宗寺院が出仕して行われています。

両祖大師降誕会(6月17日 光明殿)

真言宗の祖・弘法大師は宝亀5年(774年)6月15日、讃岐国多度郡屏風浦(香川県善通寺市)に誕生されました。
また、真言宗中興の祖で当、根來寺開山の宗祖・興教大師は嘉保2年(1095年)6月17日、肥前国藤津庄(佐賀県鹿島市)に誕生されました。
お二人のお大師さまのご誕生をお祝いするために行われる法会です。


先徳忌(10月30日 光明殿)

新義真言宗総本山 根來寺の歴代の先人方に対して、報恩謝徳の誠を捧げる法会です。

報恩講(12月12日 光明殿)・陀羅尼会(12月11日 光明殿)

興教大師は康治2年(1144年)12月12日、根來寺内の円明寺において亡くなられました。この日に因んで、興教大師への報恩謝徳のために修める法会です。
また前日の11日の逮夜には教学研鑽の成果を問答形式で明らかにする論議という儀式を行います。夜を徹してお経(尊勝陀羅尼)を読誦することから陀羅尼会と呼ばれています。